keepitsteady

声優楽曲の定点観測的な時評、その他思いつき雑記。中の人→ISHII (Twitter: @shiroas)

豊崎愛生『ハニーアンドループス』とアレンジャー:古川貴浩ワークス、フィリー歌謡について

 ハニーアンドループス / 豊崎愛生(2017.5.31リリース)

作詞:仁科亜弓 作曲・編曲:古川貴浩

ハニーアンドループス

ハニーアンドループス

  • 豊崎 愛生
  • アニメ
  • ¥250

 5月は良きリリースが多くて早速時評を書くのが遅れているのですが…その前に最高のフィリー歌謡、豊崎愛生さんのこちらの楽曲についての記事を。

TVアニメ「プリプリちぃちゃん!!」EDで流れたときからリリースを心待ちにしていまして。というのも、ここ数年でフィリー歌謡名曲を多く手がけているベーシスト古川貴浩さんの作編曲だったからです。

古川さんが手がけた声優楽曲といえば戸松遥さんのシングル編曲が一番数としては多く、アッパーなロックからバラード、4つ打ちまでバラエティに富んだ仕事ぶり(そしてどれもベースがよく動く)ですが、それ以外に目を向けるとフィリー・ソウル風アレンジの曲が素晴らしい出来で。

非声優楽曲では2010年代J-POPクラシック、ディスコネタ満載のTomato n' Pine/ワナダンス!(2012)


Tomato n' Pine - Wanna Dance!

(元ネタはコレとかビズ・マーキー、シェリル・リンなど)


McFadden & Whitehead -- Ain't No Stoppin' Us Now [1979]

声優楽曲ではミネラル☆ミラクル☆ミューズ/フライト23時(2014)

フライト23時

フライト23時

  • ミネラル★ミラクル★ミューズ
  • アニメ
  • ¥250

 今年2月リリースの中島愛/最高の瞬間(2017)も古川さんアレンジ。

最高の瞬間

最高の瞬間

フィラデルフィア・ソウル(フィリー・ソウル)という、ゴージャスな弦楽器と高揚感のあるメロディーが特徴的なソウルのサブジャンルがありまして(わかりやすい解説は下記高橋芳朗さんのラジオ出演書き起こしを参照のこと)

miyearnzzlabo.com

ストリングスやホーンをフューチャーしたディスコ調の歌謡曲をここからとって「フィリー歌謡」なんて呼んだりします。古くは筒美京平御大の歌謡曲やLIFE期の小沢健二、ここ数年でもAKB48/恋するフォーチュンクッキー(2013)や、星野源/Week End(2016)など、有名どころだけとっても枚挙にいとまがないという、日本のポップスにかかせないアレンジのひとつです。

声優楽曲では緒方恵美/天気雨が降った日(1996)や折笠愛/Lock! My door(1996)、桃井はるこ/恋のレシピ(2006)などなど。

Lock! My door

Lock! My door

  • おりかさ あい
  • アニメ
  • ¥200
恋のレシピ

恋のレシピ

  • HALKO MOMOI
  • J-Pop
  • ¥250

 長々と書きましたが、トマパイ~ミネミラから今年リリースの2曲と、古川貴浩さんのフィリー調アレンジの曲はマチガイナイので、今後もどんどん作ってくれ!と願うばかりです。