keepitsteady

声優楽曲の定点観測的な時評、その他思いつき雑記。中の人→ISHII (Twitter: @shiroas)

ヒプノシスマイクと声優ラップ

男性声優12名によるラップバトルプロジェクト「ヒプノシスマイク」のCDシリーズが10/25より順次発売。リリースに先駆け、12名のマイクリレー「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」が公開。作詞・作編曲はももクロなどの楽曲を手がけるinvisible manners。

12名のフロウを書き分けた裏方がエライなと思うものの、差し引いても全員ラップの水準が高く、特に木村昴さんのラップは声質の良さも相まってめちゃめちゃ良かったです。あとは浅沼晋太郎さんのエムラスタっぽいシャウトも好み。全員滑舌と発声がいいのは声優ならではの良さですね。

HOOKは「I REP」+「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND」を下敷きに、LDHっぽさをプラスしたのかなって感じで、設定もHiGH&LOWぽいのでCDリリース後の展開も楽しみです。

例に上げたように初めてこの曲を聴いて思ったのは「ニトロっぽくてカッコいい」でしたが、これは結構声優ラップ史的に重要だと思っていて。

90年代前半はわりとUSのパーティーラップっぽいものがちらほらありバリエーション豊かだった声優ラップも、00年代以降はパターン化が進み、

①「スネークマンショー/咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3 」調の語り・台詞入りのもの

②掛け合いを入れた「DA・YO・NE」調

Dragon Ashのようなミクスチャー系

④歌とラップの中間、GReeeeNっぽいの

例外もありますが、ざっくり上記4種類くらいの系統に収まるものが多いな~という印象でした。フリースタイルラップブームの影響でようやく"ソレっぽい"楽曲が出てきたことを嬉しく思います。贅沢を言えば、現トラックも好きですが、本職のHIP HOPトラックメイカーのビートでもやってほしいですね。いずれにせよ、今後の4枚のリリースを首を長くして待ちたいと思います。

 

以下はお気に入りの新旧男性声優ラップ曲。 

トップランナー

トップランナー

  • provided courtesy of iTunes

ライムスターのMummy-Dさん作詞。もろDさんっぽいフロウで最高。

一撃必中

一撃必中

  • provided courtesy of iTunes

HOME MADE 家族やnobody knowsなどの名古屋のグループっぽいパーティーラップ。

 作詞は秘密結社MMRの丸省さん。現行のバトルっぽいフロウで言えばこれが間違いなく最高峰では。

勝負は時の・・・運だろ?

勝負は時の・・・運だろ?

 

M-6「試合後反省会」DA・YO・NE調マイクリレー。

気の毒

気の毒

 

 M-2「GAP」声優グレイトフルデイズ。

【随時更新】声優レアグルーヴのこれまで

【声優レアグルーヴとは・・・】
「声優レアグルーヴ」とは、声優が歌う楽曲を、タイアップ、ノンタイアップ、キャラクターソングの区別なく音楽的に再評価するムーヴメント。和モノ、J-POP、アニソンなど様々な文脈の狭間で眠っていた数々の名曲を、ダンスミュージック基準+少しの思い入れで選曲したものである。

 

【CD】

オムニバスCD『声優レアグルーヴ』シリーズがユニバーサルミュージックより発売中。 犬重、ISHIIの2人で全体監修、選曲、解説を行っています。

声優レアグルーヴ

声優レアグルーヴ

 
声優レアグルーヴ Vol.2

声優レアグルーヴ Vol.2

 

【ラジオ出演】

TBSラジオライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」内コーナーディスコ954にてDJMIXを披露しました。(2015年3月14日)

出演時にかけた曲は以下リンクに。

https://www.tbsradio.jp/utamaru/2015/03/314_954sweet_sling_singapore.html

 

【雑誌】

ステレオサウンドより発売中のムック『ヘッドフォン王国 NO.6』

特集『アニソン神曲プレゼンショー』にてライムスター宇多丸さんに向けて平成アニソンの紹介をしています。(昭和編はDJフクタケさんが担当)

ヘッドフォン王国 No.6(2016 Summe みんなアニソンを聴いてきた! ) (別冊ステレオサウンド)

ヘッドフォン王国 No.6(2016 Summe みんなアニソンを聴いてきた! ) (別冊ステレオサウンド)

 

【寄稿】 

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST
『声優レアグルーヴ』ディスクガイドpart1、2(声優レアグルーヴDJにて寄稿)

http://www.tsutaya.co.jp/music/playlist/000333.html

http://www.tsutaya.co.jp/music/playlist/000446.html

http://www.tsutaya.co.jp/music/playlist/000456.html

 

【主なDJ MIX】

 

【主催イベントの開催記録】

■声優レアグルーヴ@渋谷OTO

第1回:2014-02-26(水)19:20-23:30

出演者:犬重、ぐりちゃん、ISHII、shakke、una

記念すべき1回目。当時のOTO店長ヨシくんの声かけにて平日イベントとしてスタート。unaさんは初回からレコードを持参、初回から各DJの色があり住み分けもできていたので、これはイケる・・・!となんとなく思ったのを覚えています。「電話(のコール音)から始まる曲は名曲!」など当初からガヤが目立つパーティーでした。

 

第2回:2014-04-23(水)19:00-23:30

出演者:犬重、ぐりちゃん、ISHII、shakke、una

米光亮長岡成貢西脇辰弥などの打率が高いアレンジャーの話が出るなど徐々に解明が進んでいく。通称声優グレイトフルデイズこと岩田光央/GAPなどが初出。

 

第3回:2014-07-23(水)19:00-23:30

出演者:犬重、ぐりちゃん、ISHII、shakke、una、coffee_and_tv

coffee_and_tvくん初登場。EDITは聴いてたけどDJはどうか、と思ってたんですが素晴らしく、出番後即レギュラーを打診。現在もゲストの間などタイムテーブルの難しいところはコーヒーくんに任せておけば大丈夫wなくらい信頼度高いDJ。

渋谷アシパン9周年アフター、心斎橋フェーダーでの鰻谷給湯室出演、TSUTAYAの記事「声優レアグルーヴディスクガイド」などが話題になったおかげで平日にもかかわらず大入り。この回から振る舞い寿司も恒例になり、ほぼ現在の形に。

 

第4回:2014-09-21(日)17:00-23:00

ゲスト:撲殺先輩 a.k.a. おたっきぃ佐々木

初の日曜開催。ゲストはおたっきぃ佐々木さん。DJは前半レアグルーヴ、後半大ネタもかかって大盛り上がり。締めのマイクで「それでは今週もありがとうございました!超機動放送アニゲマスター、渋谷OTOからお送りしました!」と当時からのオタクたち歓喜の展開に。アニゲマスター放送当時の企画「2代目おたっきぃ選手権」の最終候補者だった犬重さんが正式に?2代目を襲名する盃がかわされるなど色々とエモかったです。

この日だけの珍企画として、オープンから1時間はコントや朗読など、声優レアグルーヴを収集する際に集まった良曲以外をかける「供養タイム」が設けられ、おみまゆのポエムなどが流れたりしました。

 

第5回:2014-12-23(火/祝日)17:00-22:30

ゲスト:なし

CD「声優レアグルーヴ vol.1」発売記念で犬重・ISHIIのB2BユニットSSSが本編初登板も、CDに収録された曲を1曲もかけないという珍事態に・・・クリスマス曲は定番の天地無用から細かいところだと赤川次郎の悪魔シリーズまで順当に被り、出演者にとってはまさに地獄の様相でした。

 

第6回:2015-03-01(日)17:00-22:30

ゲスト:DJ声優パラダイス

準レギュラー声パラさん初登場。男性声優曲を中心に、海外の声優楽曲もかけていて幅の広さにフロアがどよめく・・・また、2枚目のコンピリリース直後だったので、前回の反省を生かしCD収録曲が多めにかかりました。2015年から少しペースを落とし、年3回開催に。

 

第7回:2015-07-05(日)18:00-23:00

ゲスト:nardius12

準レギュラーナーディウスくん初登場。ナイス&スムースなMIXで即準レギュラー入りを打診。CDリリース&ラジオ出演効果か、過去最高の大入りで寿司が今までの倍に増えました。またアンセムのひとつ『副編ブラザーズ/アニメ雑誌の編集は3日やったらやめられない』の盛り上がりを評して「声優人間発電所」と呼ぶようになったのはこの回から。

 

第8回:2015-10-31(土)18:00-23:00

ゲスト:緑茶、DJ声優パラダイス

ハロウィンの渋谷での開催。ゲストはたまゆら祭を渋々諦めてきていただきました緑茶さん。声優レアグルーヴ界のグランドマスターフラッシュ(と僕らが勝手に呼んでいる)だけあり、新旧の曲を織り交ぜながらもグルーヴ構築ががっちりというプレイでフロアをがっちり掴み、さながら躁状態のような盛り上がり。からのトリのunaさんが声優メタル&演歌で着地、と一筋縄でいかない夜でした。(ちなみにハロウィン曲はそんなにありませんでした・・・)

 

第9回:2016-03-20(日/祝前日)17:00-23:00

ゲスト:小林治(元月刊OUT副編集長)、撲殺先輩 a.k.aおたっきぃ佐々木、mopp

2周年はトークゲストに副編ブラザーズの小林治さんとおたっきぃ佐々木さんを招き、当時のギョーカイ話などをしてもらう貴重な回に。アニゲマスター出張放送のテイで、榎本温子さんの結婚をみんなで祝ったりしました。もうひとり、今や売れっ子のmoppくんもメロウなプレイでばっちり。

 

第10 回:2016-07-17(土)17:00-23:00

ゲスト:nardius12、DJ声優パラダイス

周年の豪華ゲストのあとは準レギュラーの2人を迎えてパーティーの地力を試すような回に。この日コーヒー君が途中やった声優ユーロビートの流れがツボで、そのあたりも今後は組み入れていかないとな、と思わせてもらったプレイでした。

 

第11 回:2016-12-11(日)17:00-23:00

ゲスト:とりでたくみ、BJ

我々の先輩筋とも言えるイベント、cafe:AKSBからとりでさん、BJさんのお2人方がゲスト。この年の春にやった声優レアグルーヴvsAKSBがめちゃめちゃ内容よく、この日もお2人の音楽の造詣の深さが存分に発揮されたプレイが最高でした。AKSBとの交流戦は今後も定期的に実施したいと思っています。

 

第12 回:2017-03-19(日)17:00-23:00

ゲスト:spacetime、緑茶、DJ声優パラダイス

3周年は満を持してspacetimeさんをゲストに招聘。ラストピースがはまったというか、アニクラ/現場寄りではない、純粋な意味での「声優楽曲クラブイベント」としてはこの日が頂点だったのではと今でも思っている、やってきたことが結実した回でした。レギュラーではshakkeさんの、へきる2枚使いなどヒップホップDJスキルをいかんなく発揮したプレイがこれまた素晴らしかったです。

 

第13 回:2017-07-30(日)17:00-23:00

ゲスト:madmaid

初心に戻ってアニクラ以外のDJを呼びたい・・・と思ってゲストはこの手のイベント初出演となるmadmaidさん。現場につくなりBSQRの話になる信頼できるオタクで、プレイも普段とは違うエモい感じでしたがばっちりでした。unaさんのお盆セット(亡くなった声優オンリー)など、4回目の夏開催はストレートなサマーソングでない解釈が生まれる展開に。

 

第14 回:2017-12-03(日)17:00-23:00

ゲスト: お楽しみに!

『拡張少女系トライナリー』の楽曲が見逃せない

Tak a ja lubie. / ガブリエラ(CV:八木侑紀)

作詞:土屋暁 作・編曲:姉田ウ夢ヤ

Tak a ja lubie.

Tak a ja lubie.

  • ガブリエラ(CV八木侑紀)
  • アニメ
  • ¥250

Sigh-nage 〜吐心感情戦〜 / 國政綾水(CV:中恵光城)

作詞:佐藤舞花 作曲:川崎里実 編曲:前口渉

Sigh-nage 〜吐心感情戦〜

Sigh-nage 〜吐心感情戦〜

  • 國政綾水(CV中恵光城)
  • アニメ
  • ¥250

コーエーテクモゲームス×東映アニメーションが共同制作しているスマホアプリとアニメ『拡張少女系トライナリー

OP/EDは中塚武編曲。それぞれ違う引き出し(OPはエレクトロ/EDはジャズ)でこれもまた素晴らしいのですが、キャラソンも充実の仕上がりです。

 

ガブリエラの楽曲の作・編曲はマクロスΔで注目の姉田ウ夢ヤさん。(誰の変名なんだ・・・)ローファイなジャズループの合間のキメでチープなシンセが鳴るドープなビートに、アニメ声のポーランド語での歌唱が乗るという組み合わせ、キャラソンならではって感じでたまらないっす。トラックを聴いて、ラッパーのLIBROが音を作っていたFuuriというユニットの「どこ行こう?」という曲を思い出しました。


【Ex MV Ep 2】Tak a ja lubię【Gabriella】 (CV) | Augmented Reality Girls Trinary

 

國政綾水の楽曲はピアノリフが美しい90’sっぽいハウス歌謡。今っぽくところどころワブルベースが鳴ってたり、かなり無理矢理な感じでジャズパートが挿入されたりして楽しいです。


【Ex.MV ep.1】Sigh-nage ~吐心感情戦~ 國政綾水(CV中恵光城)

作家陣を見ると、音ゲー展開も視野に入れてキャラソンに力を入れているっぽいなーと勘繰ってしまいますが、ともあれメインキャラだけでもあと3名いるのでこの後の曲も非常に楽しみ。


拡張少女系トライナリー・オープニングアニメ【公式】

OPはブートのアニリミっぽい。


拡張少女系トライナリー ED

EDも中塚さんのジャズ曲!!!って感じで最高。

豊崎愛生『ハニーアンドループス』とアレンジャー:古川貴浩ワークス、フィリー歌謡について

 ハニーアンドループス / 豊崎愛生(2017.5.31リリース)

作詞:仁科亜弓 作曲・編曲:古川貴浩

ハニーアンドループス

ハニーアンドループス

  • 豊崎 愛生
  • アニメ
  • ¥250

 5月は良きリリースが多くて早速時評を書くのが遅れているのですが…その前に最高のフィリー歌謡、豊崎愛生さんのこちらの楽曲についての記事を。

TVアニメ「プリプリちぃちゃん!!」EDで流れたときからリリースを心待ちにしていまして。というのも、ここ数年でフィリー歌謡名曲を多く手がけているベーシスト古川貴浩さんの作編曲だったからです。

古川さんが手がけた声優楽曲といえば戸松遥さんのシングル編曲が一番数としては多く、アッパーなロックからバラード、4つ打ちまでバラエティに富んだ仕事ぶり(そしてどれもベースがよく動く)ですが、それ以外に目を向けるとフィリー・ソウル風アレンジの曲が素晴らしい出来で。

非声優楽曲では2010年代J-POPクラシック、ディスコネタ満載のTomato n' Pine/ワナダンス!(2012)


Tomato n' Pine - Wanna Dance!

(元ネタはコレとかビズ・マーキー、シェリル・リンなど)


McFadden & Whitehead -- Ain't No Stoppin' Us Now [1979]

声優楽曲ではミネラル☆ミラクル☆ミューズ/フライト23時(2014)

フライト23時

フライト23時

  • ミネラル★ミラクル★ミューズ
  • アニメ
  • ¥250

 今年2月リリースの中島愛/最高の瞬間(2017)も古川さんアレンジ。

最高の瞬間

最高の瞬間

フィラデルフィア・ソウル(フィリー・ソウル)という、ゴージャスな弦楽器と高揚感のあるメロディーが特徴的なソウルのサブジャンルがありまして(わかりやすい解説は下記高橋芳朗さんのラジオ出演書き起こしを参照のこと)

miyearnzzlabo.com

ストリングスやホーンをフューチャーしたディスコ調の歌謡曲をここからとって「フィリー歌謡」なんて呼んだりします。古くは筒美京平御大の歌謡曲やLIFE期の小沢健二、ここ数年でもAKB48/恋するフォーチュンクッキー(2013)や、星野源/Week End(2016)など、有名どころだけとっても枚挙にいとまがないという、日本のポップスにかかせないアレンジのひとつです。

声優楽曲では緒方恵美/天気雨が降った日(1996)や折笠愛/Lock! My door(1996)、桃井はるこ/恋のレシピ(2006)などなど。

Lock! My door

Lock! My door

  • おりかさ あい
  • アニメ
  • ¥200
恋のレシピ

恋のレシピ

  • HALKO MOMOI
  • J-Pop
  • ¥250

 長々と書きましたが、トマパイ~ミネミラから今年リリースの2曲と、古川貴浩さんのフィリー調アレンジの曲はマチガイナイので、今後もどんどん作ってくれ!と願うばかりです。

声優楽曲時評(2017年4月)

knight-night. / 遠藤ゆりか

作詞:遠藤ゆりか / 作曲:MIKOTO / 編曲:久下真音

knight-night.

knight-night.

  • 遠藤ゆりか
  • アニメ
  • ¥250

2017.4.26リリース、約2年半ぶりの3rdシングル収録のカップリング。

アレンジャーはジャニーズ/48関連楽曲でおなじみ、元生田真心の片割れの久下真音。

ホーンとピアノのウワモノに対して、グリッチホップ的な低音とジャズっぽいリズムが組み合わさって入ってくるという意欲的なトラック。

エモいメロディーと譜割り(本人初作詞!)的にはバラードにしてもよさそうなものですが、これを軽快に仕上げた編曲手腕に脱帽です。

 

 恋はイリュージョン / 三森すずこ

 作詞:三森すずこ 作曲・編曲:矢野博康

恋はイリュージョン

恋はイリュージョン

2017.4.12リリース、7thシングルカップリング。

みんな大好き元Cymbals矢野博康ワークス。明るめのスウィング・ジャズ曲。

矢野さんプロデュースの声優楽曲の中では牧野由依 / ワールドツアー(タビノオト/AL 2015)が一番近い感じかなあと。曲名から春っぽくて最高ですね。

 

RISING STAR / 星谷悠太(CV.花江夏樹

作詞:六ツ見純代 作曲:南 直博 編曲:島崎貴光

青空SEASON / 那雪 透(CV.小野賢章)月皇海斗 (CV.ランズベリー・アーサー)辰己琉唯(CV.岡本信彦)申渡栄吾(CV.内田雄馬

作詞:六ツ見純代 作曲:渡辺 翔 編曲:増田武史

RISING STAR

RISING STAR

青空SEASON

青空SEASON

2017.4.19リリース。

現在放映中のアニメ「スタミュ」2期より、12週連続リリースのミュージカルソングシリーズ『☆2nd SHOW TIME☆』の3枚目。

4月は4枚リリース、甲乙つけ難い内容(全部いい)ですが、ピアノロック調の曲に花江さんの声が映える爽やかな①、リレー歌唱とホーンアレンジがマッチした②、この2曲が入っているこちらのEPをチョイス。

男性アイドルもののアニメやアプリゲームが増えた結果、ジャニーズ編曲をやってるアレンジャーの登用も比例して増えてきてありがたい限り。

 

Wonder step!!  / 櫻井孝宏

作詞・作曲:Q-MHz 編曲:EFFY

2017.4.5リリース。

ラジオ番組『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン』のオリジナルCDこむちゃっとカウントダウン Vocal CD」の第3弾の中から。

軽快なブラスファンクに、様々な楽器が入れてくるアクセントが楽しい。特にラストサビ前のエレキからクリーンな音色に切り替わるギターソロが聴き所かな、と。

 

以下、書ききれなかった気になった曲。

ちょこんとふわり / ノノ(佳村はるか

作詞・作曲:rinoCooRie) 編曲:長田直之

ちょこんとふわり

ちょこんとふわり

 ぶっぷな毎日 キャラクターソング「No.1」/ドラ(南條愛乃)/ゆんぼ(飯田里穂)/ケンタ(津久井彩文)

作詞・作曲:槇原敬之  編曲:丸山公詳

No.1

No.1

 飯塚雅弓 / このまま

作詞:川田瑠夏 作・編曲:設楽哲也

このまま

このまま

ゆるっと月イチくらいで時評の更新を考えてますが、続かなかったらスミマセン。なるべく頑張ります。